沿革
延宝8年
(1680年)
佛具屋仁兵衛が神仏錺金具製造を始める
大正9年 西脇長次郎が西脇金属製作所を創立(現在の京都市東山区本町7丁目)
神仏錺金具・金属工芸品・旗附属金具一式の製作を始める
昭和24年  優勝カップ・楯・トロフィーの製作を始める
昭和40年 日新工芸株式会社を設立、資本金600万円、従業員21名
昭和41年 本町7丁目に本社ビル完成
昭和42年 大阪営業所開設
昭和44年 人類初月面着陸記念「アポロ」・「ルナー」トロフィー発売
昭和45年 資本金を1,200万円に増資
昭和47年 代表取締役社長に西脇一雄就任。資本金を2,500万円に増資
昭和48年 久世郡久御山町佐山双栗3番地に本社工場を新築移転
昭和51年 金属製表彰状付き表彰楯・表彰額を発売
昭和52年 直営小売店「ギフト三晃」オープン
昭和56年 西脇長次郎「京都府伝統産業優秀技術者表彰」受賞
昭和62年 ギフト三晃を「リ・グレース三晃」に改称・移転
平成7年 イベント事業に参入
平成8年 中国にて樹脂部品の製造を開始
平成12年 代表取締役社長に西脇眞次就任
平成13年 米国のサプライヤーと取引開始
平成15年 プレミアム・インセンティブショーに出展
平成16年 東京営業所開設
平成26年 「きょうと健康づくり実践企業」の認証取得(京都府)
平成27年 設立50周年